スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

きょろ目っ子くまちゃん♪

►2009/01/27 05:38 

きょろろ~~ん!!
ずっと作ってみたかった白目のきょろ目っ子♪
びっくり?どっきり?何みてるのかな?

   

      愛嬌のある白目ポンチのDDRベアちゃん♪
      ちびっこサイズで作ってみたくて、小さなポンチ目の
      グラスアイを探していました。
      ガラス工芸作家の友人に相談したところ、彼女のお教室の
      生徒さんが作ってくださることになりました。
      そして出来上がってきた4ミリの小さなグラスアイ♪
      丹精込めて作ってくださったグラスアイは希望通りの
      きょろ目ちゃんで感涙(゜ーÅ) ホロリ
      
      くうくうのきょろ目っ子DDR風くまちゃんに育ちました^^。
      本当にありがとうございます~~♪



     kyorome2.jpg

      あんよがまだなので、カップに入れてみました(o^-^o)

      お花の模様が可愛らしいデミタスカップ&ソーサーは
      DDR(東ドイツ)のコルディッツ社製。

      東欧のデザインで、つぼのような形でおしべがぴょこっと
      出ていたり、チーリップのようだけどそうではなさそうな
      こんな形のお花の模様をよくみかけます。
      いつも「なんのお花かな。。?」と思っていたのですが、
      ある絵本をみていて、とっても似た形を発見!!
      もしかして、これだったり~?!
      それは・・・「ざくろ」♪

      くうくう調査員(勝手に命名)はまたまた探究心いっぱいで
      調べましたよ~~(='m') ウププ
      
      このお花モチーフのルーツわかりました♪
      やっぱり「ざくろ」みたいなんです^^。
      ヨーロッパではとってもポピュラーな絵柄のようで、
      「ブルーオニオン」と呼ばれているものに似ています。
      なんでオニオン=たまねぎなのでしょうか??

      まだまだ講義?が続きます~♪
      今度はなんと18世紀の中国から~(*'▽'*)
      中国の白磁に青く絵付けされた「ざくろ」の模様がありました。
      当時ドイツのマイセンでコバルトブルーの絵の具が作られ、
      中国の青いざくろ模様が描かれるようになりました。

      ヨーロッパでは「ざくろ」が一般的ではなく、実物が知られていな
      かったため、描かれた青いざくろの実を「たまねぎ」と勘違いして、
      コバルト色の「ブルーオニオン」として広まったのだそうです!!
      なるほどぉ~~びっくりですね~~(*≧m≦*)
      
      ざくろがこのお花のモデルだったのでしょう♪
      ぷっくり可愛い実や花の形が、葉っぱや茎のシンメトリーな
      デザインと結びついていったのかしら(o^-^o)
      それから青いたまねぎさん♪
      なんだか不思議な東洋と西洋の融合。
      とっても興味深くておもしろいですね^^。


      きょろ目っ子くまちゃん♪次回ブログショップでご紹介します。
      お楽しみに~♪
       

*Coo-Coo*くまComment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。