スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

末っ子こやぎ♪

►2007/06/21 19:36 

「スーちゃん、スーちゃん、ハイどうぞ♪」
小指サイズのこやぎちゃんはくうくうからのプレゼント♪

     ohanashi.jpg
          
            「ぼくのおじいちゃんのおじいちゃんの・・
             そのまたおじいちゃんの・・・ずっとおじいちゃんがね♪
             オオカミさんをやっつけたんだって♪」


くうくうが子供の頃、赤いペラペラのレコードがついた絵本というものが
あってね。。。(この世代・・( ̄∇ ̄*)ゞぽりぽり)
そんないろいろな童話のセットがおうちにありました♪

中でもお気に入りのお話が「七ひきのこやぎ」でした(o^-^o) ♪
まだ3歳だったくうくうが、ある日親戚の方が遊びに来た時に

  「むかしむかしあるところに、お母さんと七ひきのこやぎが住んでいました。
   ある日、お母さんは町へお買い物にでかけることになりました。
     「ねえみんな、お母さんはお買い物にでかけてきます。
      お母さんが帰ってくるまで、絶対戸を開けてはいけませんよ。
      こわ~いオオカミがいるからね。
    ぺらぺら、ぺらぺら。。。。♪ぺらぺら、ぺらぺら。。。。♪ 」

と最後まで音読をしたそうな(*'▽'*)わぁ♪

赤いレコードを何度も何度もくり返し聞いているうちに、
すっかり全部覚えてしまったらしいのです♪(今ではありえないぞ・・(-o-;)

          7hiki-no-koyagi.jpg
             時計の中に隠れた末っ子こやぎがおじいちゃんの・・・
              ずっとおじいちゃん?

母が「でもね~~、可愛いのよ~~^^。
   「お母さんはオオカミのおなかを針と糸で“ぶい”合わせました。」
          ↑ 本当は “縫い”
    って覚えていたのよ~~^^」
と、長い間、「“ぶい”合わせました」話は語り継がれていました。

ところが、まだレコードが動いてくれた頃、後に押入れから懐かしい絵本と
レコードが出てきて、
  「ここよ、ここ・・ほら♪」と家族で聞いてみたら・・
     「!!」
  「針と糸で“ぶい”合わせました」
と本当に聞こえたのです(*≧m≦*)ププッ

まあ、赤いレコード(あれ何ていうんでしたっけ?)の当時の録音技術では
モノラルなボワボワした音声があたりまえというか・・≧(´▽`)≦アハハハ

こんなエピソードのある「七ひきのこやぎ」は今でも大好きなお話です♪


こやぎちゃんのご先祖さま?の武勇伝♪に感動したスーちゃん。。
楽しいパペットショーをご披露してくれました(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ

     koyagi-show2.jpg
                  

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

Sooty*スーティー*Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。